サービスの特色

東京電力のサービスエリアをカバーする万全な供給体制

 

 暮らしや産業に必要な電気を届けるためには、電力設備のメンテナンスが必要です。設備の老朽化に伴う取替えや、新たな需要に対応するための増強工事などが日常的に発生しています。東電物流では、このようなメンテナンスに必要な資機材の調達、保管、管理、配送を行なっています。

 また、台風や地震などにより、一時的に電力供給がストップしてしまうこともあります。このような場合、一刻も早い電気の復旧を実現することが、電力事業に携わる者の社会的使命です。

 東電物流では、日常的なメンテナンス工事に必要な資材調達と非常時の復旧工事のための資材調達の、いずれにも的確に迅速に対応するために、7ヶ所の資材センター、6ヶ所の資材倉庫、48ヶ所のポール管理所(電柱置き場)を物流拠点として、東京電力のサービスエリア全域をカバーする万全な供給体制を備えています。