サービスの特色

リユース・リサイクルの展開により、環境に配慮した物流システムを実現

 

 東電物流では、工事などで撤去された配電用資機材のリユース(再利用)活動を積極的に展開しています。

 リユースに際しては、撤去資機材の性能試験を行い、「そのまま使用できるもの」、「修理して使えるもの」、「全く使用できないもの」に分別し、修理して使えるものはリユースしています。
 「全く使用できない」と選別された資機材についても、使用可能な部品の回収・リユースを行うとともに、素材として再利用可能な部分はリサイクルに回すなど、資源の有効利用と産業廃棄物の低減に努めています。

 また、当社ではこれまでは木材で製造され、ほぼ使い捨てにされていた配電用電線などの梱包用のドラムの代わりに、廃プラスチックなどをリサイクル利用した、反復利用の可能なプラスチック製ドラムを製造し、レンタル事業を実施しています。

 このような活動は、資源の有効利用となるだけでなく、産業廃棄物の低減にもつながり、環境への負荷を軽減します。また、リユースによる新品購入量の削減は、コスト削減に大きく貢献しています。コスト削減は、最終的にはお客様の電気代の値下げにつながります。