今夏の熱中症対策における社員のマスク着用について

 弊社では、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止対策として、社員の通勤時ならびに
就業時におけるマスク着用を励行しております。

 一方、気温や湿度が高い日が続くことが予想される夏季においては、社員がマスクを着用したまま作業を
行うことにより、熱中症のリスクが高まることが危惧されています。

 このため弊社では、本年5月26日に政府から示された「令和2年度の熱中症予防行動」に基づき、
熱中症対策として以下の取り組みを実施しておりますので、なにとぞご理解を賜りますよう、
よろしくお願い申し上げます。


  1. 屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、適宜マスクを外させていただきます。
  2. 休憩時において周囲の人との距離を十分に取れる場所では、適宜マスクを外させていただきます。
  3. 安全帽(ヘルメット)を着用して作業を行う際は、マスクに代わる飛沫感染防止対策として、
    「ヘルメット装着用マウスシールド」(口・鼻を覆う透明な樹脂製のシールド)を装着して
    作業をさせていただく場合がございます。

以上