Q&A

 
 

よくある質問をまとめました。

こちらで解決しない場合はメールまたはお電話にて、お問い合わせください。

 
 

 

 

当社のサービスに関する質問

東電グループ以外の企業からの仕事も受け付けますか?

受注しております。詳しくはこちらからお問い合わせください。

会社ではなく、個人の引越し作業とかも引き受けてくれますか?

現在は個人様からの引越し業務は受け付けておりません。

海外への輸送も可能ですか?

当社は、複数の国際輸送会社とも業務提携をしており、海外輸送も行っております。
詳しくはこちらからお問い合わせください。(関連:事業紹介>通関・物流

精密機器の輸送などには対応できますか?そういったものを運ぶ際、どのような工夫をしているのですか?

輸送業務における物品の破損防止対策(緩衝材の使用、捕縛の徹底等)は確実に実施しております。さらに「ドライバーの運転技術向上を目指した教育」を実施し、万全を期しております。運搬する精密機器については、一度ご相談ください

料金設定はどうなっていますか?

その都度、業務内容により決定しております。詳しくはこちらからお問い合わせください。

緊急の依頼にも対応してもらえますか?

依頼内容により、可能な案件は対応しておりますので、まずはお電話でご相談ください。また弊社は、東京電力と大規模地震発生時などの非常災害時に、復旧用の資機材を運搬するための輸送契約を締結し、緊急の際は迅速に対応しております。(事業紹介>輸送

 

 
 

業務に関する一般的な質問

輸送用のトラックは何台くらい使われていますか?

トラックは直営26台、協力会社92台、合計118台がほぼ毎日稼動しております。
車種も各種揃っており、積載する物品や量により適宜配車されます。

ドライバーたちへの交通安全に対する教育はどうなっていますか?

出発前の点呼時に、毎日運行管理者がドライバーの健康状態や配送ルートの留意点を確認しております。また、交通安全運動期間中には警察署から講師を招き、安全運転について講習を受けています。事故の実例を挙げながらの、ドライバー同士のディスカッションの場を設け、お互いに意見・情報を交換しあっております。(安全への取り組み

東電物流でドライバーになるには、どんな種類の免許を持っていなければなりませんか?

大型自動車免許が必要になります。
また、絶縁油や特別管理産業廃棄物等の輸送もありますので、危険物取扱者免許資格者、PCB産業廃棄物の収集運搬業作業従事者講習会修了資格者を望みます。

女性ドライバーの活躍の場はありますか?

当社では、男女に拘らずドライバーは正社員ではなく契約社員になっておりますが、実際に女性ドライバーとして活躍している方もいます。

 

 
 

環境への配慮についての質問

トラックやフォークリフトから出る排気ガスには、何らかの環境対策はやっていますか?

当社のトラックは、国が定めた自動車NOx・PM法による規制よりもさらに厳しい、八都県市の規制値をクリアしているトラック(ディーゼル車)を使用しています。また、フォークリフトについては、全てバッテリ式(電気でモーターを駆動させて動力とする)を使用しており、排気ガスがでることは一切ありません。東電物流は、常に環境面への配慮を怠らず、地域環境の維持、向上に積極的に取り組んでおります。(関連:環境への取り組み

特別管理産業廃棄物の輸送業務で取り扱っている“PCB廃棄物”って何ですか?

“PCB”とはPoly Chlorinated Biphenyl(ポリ塩化ビフェニール化合物)の総称です。絶縁性が高く、水にも溶けず、更に熱に強い性質(分解しにくい、沸点が高い、不燃性であるなど)を持ち、かつてはコンデンサーやトランス等、電気機器の絶縁油に使用されていました。ですが、長期間または大量に摂取すると、病気の原因となる恐れがあります。
“PCB廃棄物”とは、廃棄物処理法により定められている以下の3つの廃棄物を指します。

  1. 廃PCB等…廃PCBおよびPCBを含む廃油
  2. PCB汚染物…PCBが塗布され、染み込み、付着し、又は封入された紙屑、木屑、繊維屑、廃プラスチック類金属屑、陶磁器屑等
  3. PCB処理物…上記1、2を処分するために処理したにもかかわらず、環境省令で定める基準に適合しないもの

東電物流では、2003年に特別管理産業廃棄物収集運搬業の許可を取得し、安全・確実にPCB廃棄物を収集・運搬しております。(事業紹介>特別管理産業廃棄物輸送

 

 
 

緊急災害時の輸送に関する質問

緊急災害時の輸送では、具体的にどんなことをしますか?

東京電力など、荷主からの依頼に基づき預かった物品(復旧用資材や食料品、簡易トイレ等)を、指定された日時までに迅速にお届けしています。
なお、被災地は危険回避の観点から、通行規制されることがあります。当社では、規制された道路でも速やかに通行できるよう、公安委員会から「緊急通行車両等事前届出済証」を受けています。(事業紹介>輸送